プレスブリーフィング 東京モーターショー2015


写真: IMG_6860

平成25年10月29日、8時から、 プレスブリーフィングとして Mobilityscape Tokyo 2015が開催された。Twitterを利用しながら多くの質問が投げ交わされた。

写真: IMG_6852  

自動車業界を取り巻く各社の意識として、協調と競争はどのように考えているか? 豊田章男代表は「トヨタはアライアンスが下手なんです。」と照れながら話す。  

写真: IMG_6857

三菱自動車工業の相川代表は 「各社は、個人ユーザーの要求を叶えようとする時、技術開発に競争意識が働き、社会貢献を考えた時、協調が不可欠なんです。」と話す。協調と競争は、考えるときの主体の違いがあると説明する。 また、これからの電気自動車の在り方として、「車は止まっているときも、価値をあるものを目指す。」と述べた。  

写真: IMG_6847

マツダの小飼代表「ぜひモーターショーで、(マツダの)スポーツカー見て欲しい」と力強く語った。

  写真: IMG_6848

日産自動車の西川代表は言う。「モーターショーで、日本の技術力を見て欲しい。」  

写真: IMG_6859

本田技研工業 池会長 「自動車は、社会インフラになる。そしてi-DCD(SPORT HYBRID Intelligent Dual Clutch Drive)を見ていてほしい」と話す。 世界全体の交通の事故がもたらすロスは100兆円といわれている。そのためにも自動運転の技術開発を進める必要性がある。自動運転開発を進める中でも「Fun to drive」のエンジニア精神は守って生きたいと話す。